コスメ

CANMAKEのマシュマロフィニッシュパウダーをMACのケースに入れ替えてみた

CANMAKEのレフィル、MACのケースにはまりましたー!

暦の上ではもう9月ですが、まだまだ暑い日が続きますね。
汗かきなので夏がとても苦手な私は、極力外出しないようにしていたんですが…油断した…

ドアtoドアの生活に甘んじて「日焼け止め、まーいっか」を繰り返した結果、しっかりと首を日焼けしてしまいました…
運転中かな…腕には日焼け止め塗ってたんだけど、首がこんなに焼けるとは(TT)

そして、この無数の「まーいっか」のせいで、愛用のパウダーファンデの色が合わなくなってしまうという事態に。
今まで通りお直しに使うとくすみが飛ぶどころか、顔だけ真っ白(笑)
まさに上○恵美子状態(伝われ)

悲しい、けど首の色が顔に合うまでは結構時間がかかりそうなので、持ってるパウダー系の中で一番暗い色だったCANMAKEのマシュマロフィニッシュパウダーに変えることにしました。
本当は肌色に合った新しいファンデ欲しいけど…首の色、明るく戻すつもりだからここは我慢!

話題になった時にもれなく買ったCANMAKEのマシュマロフィニッシュパウダー
使い心地とか仕上がり感は可もなく不可もなく?別に嫌いじゃないんですが、このケースが好みじゃなくて…なんとなくポーチに入れなくなっていきました…

何日かポーチに入れて持ち運びましたが、やっぱり、このケースがちょっと嫌。←

そこで、見た感じ、並べた感じ、レフィルのサイズがおんなじ感じがしたので(完全目視。ちゃんと測れや)、MACのケースと入れ替えてみましたー!

CANMAKEのマシュマロフィニッシュパウダーをMACのケースに入れ替えてみた

左がCANMAKEのマシュマロフィニッシュパウダー。
(色番はMO。マットオークルでした)

右がMACのスタジオパーフェクトファンデーションのケース
ちなみにこの中身はライトフルCのファンデレフィルです(笑)

ライトフルCのパウダーファンデのパクトって横長で大きいじゃないですか?
私はお直し用にポーチに入れて持ち運びたいので、ケースだけスタジオパーフェクトファンデのものにしました。
(ちなみに、スタジオパーフェクトファンデの方は使ったことありません)

まずはCANMAKEのマシュマロフィニッシュパウダーから。
ケースの後ろにある小さな穴に爪楊枝を刺す!

接着剤でくっついていましたが、簡単に剥がれました。

次にMACの方、スタジオパーフェクトファンデのケースは2段になっていて、ファンデの下側にパフを入れられるようになっています。


リフィルの入っている方のプレートの裏側の穴に爪楊枝を刺す!

外したリフィルを入れ替えて、完了!

CANMAKEのリフィルは、MACのケースにスポンと入りました。

が、MACのファンデはCANMAKEのケースよりほんのすこーしだけ大きいかな?
ちょっとギュッと押さないと入りませんでした。
でもちゃんと入りました。

MACの方に入れかえたCANMAKEも、少し小さいかなと思ったけど、ケースを降っても落ちてこなかったのでOK!

意外となんでもイケるんじゃない?と思ってポールアンドジョーのパウダーケースも引っ張り出してみましたが、こちらはCANMAKEより小さくて入らなそうだったので、MACのケースあってラッキー!ですね。

コスメの質は好きだけど、ケースが好きじゃないっていうものありません?
私は結構あるので、適当に自分で入れ替えちゃってます。
そしてよく失敗してます(笑)

今回は珍しくピッタリだったので、書いてみました^^

ちなみに、MACのライトフルCの色番は、NC20でした。

こりゃー白いわ!(笑)
果たしてこの色まで首の色を戻せるのか…!?
戻せたらまた報告します(笑)

私が持っていたMACのファンデケースはもう廃盤かもしれません…

MACのケースならはまるということは、今のライトフルの横長ケースもイケそう♪